【おすすめ米国株】バンブル(ティッカーシンボル:BMBL)

個別銘柄

 この銘柄のポイント

・当社は、最初にアクションを起こすのが女性というユニークな機能を備えたマッチングアプリです。

・バンブルのほかに、5億900万人以上のユーザーを抱え、出会いに特化したソーシャルネットワークのバドゥーも保有しています。

出会い系のアプリね(笑)。日本でも怪しいアプリあるけど・・・

そうですね。(笑)ただ、ユーザー数伸び、有料ユーザーの単価は著しい伸びがあり、見方を変えなければならないかもしれません。

【概 要】

当社は、オンラインの出会い系プラットフォームを提供する企業です。出会い系モバイルアプリを提供、プラットフォームにより、人々は自分の条件でつながり、公平で健全な関係を築くことができます。

2つのアプリ「Bumble」と「Badoo」を運営しており、「Bumble」アプリは、女性を中心に構築されています。米国、英国、オーストラリア、カナダなど、多数の国でサービスを提供しています。ユーザーに柔軟なサブスクリプションプランを提供し、最も一般的な期間は7日、30日、および90日となっています。そのサブスクリプション製品には、「Beeline」、「Rematch」、および「Extend」があります。

「Badoo」アプリは、ウェブとモバイルで無料で使用できる出会い系アプリです。それは、すべての人との有意義なつながりを構築することに焦点を当てています。

そのプレミアムサブスクリプションオファリングには、「Liked You」、「Extra Shows」、「Undo Vote」があります。また「Bumble BFF」および「Bumble Bizz」とのプラトニックな友情とビジネスネットワーキングも提供しています。

【業 績】

決算期 売上高(百万$) 純利益(百万$) EPS($) 1株配当($) BPS($) ROE(%) 自己資本比率(%)
2018/12期 360 -21 -0.21   -0.27   -23.04
2019/12期 488 66 0.65   0.23   11.25

2020/12期

542 -110 -0.05   0.80   57.30

<特 徴>

当社は、上場後初の決算で良い結果を残しました。

世界で最も売上の高い4つのアプリのうち2つを開発しており、第4四半期(10-12月)の売上高は31%増の1億6,560万ドルとなり、アナリスト目標の1億6,330万ドルを上回りました。

バンブルのアプリは、マッチグループのティンダーに次いで売上高47%増を記録しています。

みのりん
みのりん

みのりん的投資判断は「買い」となります。

従来のプラットフォームとは違うアプローチ手法により独自性を出しており、順調に会員数、売上を伸ばしています。

この分野については、強い需要がある一方で、そのニーズを仕組みとして満たすことができなかったという問題がありました。

この点をクリアしたことで、当社は強みを持っており、成長の余地があると思われます。

※投資は自己判断でお願いします。

2021/06/28

バンブルのHPのリンク

Bumble - Date, Meet, Network Better
Bumble has changed the way people date, find friends, and the perception of meeting online, for the better. Women make the first move. On iPhone + Android.

コメント

タイトルとURLをコピーしました