【おすすめ米国株】キデル (ティッカーシンボル:QDEL)

個別銘柄

 この銘柄のポイント

・診断テストソリューションの開発、製造及び販売を行う企業である。

・コロナ禍で急成長した企業である。同業種のなかでは、時価総額が低く、直近決算からは割安とも見られる銘柄 である。

コロナ検査企業で急成長したのね。

ワクチン開発による今後の需要減が見込まれることから、株価は足元で低迷しています。ただ、ワクチン開発後も検査需要は長期的に見込まれます。

<概 要>

2020年12月期決算によると、成長は続いており、売上高は前四半期比70%増の8億800万ドル〜8億1,000万ドルとなる見通しです。

売上はまだピークに達していない可能性があり、当社によれば、検査キットSofiaおよびQuickVueの生産は、現在の月産1,300万キットから2021年末には月産7,000万キットに増える見通しもあります。

キデルだけでなく、より大企業であるアボット・ラボラトリーズやサーモ・フィッシャー・サイエンティフィックも新型コロナウイルス検査キットを販売していますが、世界中で1億人の感染者がおり、その数は増加を続けていることから、まだ多くの検査需要があります。

数千万の検査キットを生産するキデルは、ヘルスケア業界だけでなく、世界中の経済が正常に戻る手助けをする絶好の位置にあります。

新型コロナウイルス感染者の多くが無症状であることから、企業が活動の再開と通常業務への復帰を安全に行うためには、頻繁に検査を行う必要があります。

【業 績】

決算期 売上高(百万$) 純利益(百万$) EPS($) 1株配当($) BPS($) ROE(%) 自己資本比率(%)
2018/12期 522 74 1.9 10.81   52.7
2019/12期 534 72 1.7 13.37   61.4
2020/12期 16,661 810 19.2 31.51   71.2

<特 徴>

キデルは、診断テストソリューションの開発、製造及び販売を行っている企業です。

診断テストソリューションは、高速イムノアッセイ、心臓イムノアッセイ、特殊な診断ソリューション、分子診断ソリューションの4つの製品カテゴリに分類されています。

医師事務所、病院、臨床検査室、参照検査室、大学、小売クリニック、薬局、ウェルネススクリーニングセンターでの専門的な使用のために、利用者、販売店に製品を直接提供しています。

診断ソリューションは、感染症、心血管疾患、女性の健康、胃腸疾患、自己免疫疾患、骨の健康、甲状腺疾患などの疾患・病状の検出及び診断に役立っています。

「Quidel」、「QuickVue」、「QuickVue +」、「D3 FastPoint」、「Super E-Mix」、「ELVIS」、「Sofia」、「Amplivue」、「Lyra」及び「Thyretain」を含むブランドで診断テストソリューションを提供しています。

みのりん
みのりん

みのりん的投資判断は「中立」となります。

市場はコロナ後を見据えており、急減した売上が落ち着くとみており

株価も高値から大幅に減少しています。

今後、検査需要の推移がカギとなりますが、直近の決算、アナリストの予想をもとにした同社の予想ベース株価売上高倍率(PSR)はわずか2.8倍であり、株価は割安で放置されていることも否定できず、今後、再度見直しの「買い」が入ることも考えられます。

※投資は自己判断でお願いします。

2021/06/14

キデルのHPのリンク

Quidel - Immunoassays & Molecular Diagnostics Healthcare Solutions
Better healthcare decision making and outcomes drive us to discover, develop and commercialize point of care diagnostic tests for the detection of specific dise...

コメント

タイトルとURLをコピーしました