【おすすめ米国株】ユニティソフトウェア(ティッカーシンボル:U)

個別銘柄

 この銘柄のポイント

・リアルタイム3Dコンテンツを制作・動作させるためのプラットフォームを提供する企業です。

・アンドロイド、iOS、PS4、Xbox One、ニンテンドー・スイッチ、ウィンドウズなど20以上のプラットフォームに対応していることが強みとなっています。

スイッチにも使われているゲーム技術をもっているのね

最近ではゲーム以外の分野(⾃動⾞、建築、映画、⼩売)にも使われています。

幅広い分野での活用が期待されています。

【概 要】

21年12月期第1四半期業績は、売上高が前年同期比40.58%増の2億3477万ドルに拡大する一方、純損失が1億746万ドルに拡大しています(前年同期は2673万ドルの純損失)。EPS(非GAAP)はマイナス0.10ドル(同マイナス0.11ドル)。売上高、同EPSはともに市場予想(それぞれ2億1611万ドル、マイナス0.12ドル)を上回っています。

部門別の売上高は、コンテンツ開発を支援するクリエイト・ソリューションが51%増の7040万ドル、運営・最適化を支援するオペレート・ソリューションが40%増の1億4660万ドル、戦略提携・その他が12%増の1780万ドルに伸長しています。

年間売上高10万ドル超の大口顧客数は25.29%増の837に拡大。既存顧客の更新、利用サービスの拡大・縮小、解約などのパフォーマンスを測る指標のネット・エクスパンション・レートは133→140に上昇しています。

通期ガイダンスを上方修正。21年通期の予想売上高を9億5000万〜9億7000万ドル→10億〜10億1500万ドルに引き上げています。

【業 績】

決算期 売上高(百万$) 純利益(百万$) EPS($) 1株配当($) BPS($) ROE(%) 自己資本比率(%)
2019/12期 542 3.2 -46.0 51.6
2020/12期 772 -66 -0.39 0.00 7.4 -23.2 76.3
2021/12期(予想) 1,005 -102 -0.34 0.00 5.8 -12.4

【過去12か月の売上が10万$以上の顧客数】

  顧客数
20年1Q 668
20年2Q 716

20年3Q

739
20年4Q 793
21年1Q 837

【⾒通し・注目点】
1-3月期の売上は前年同期⽐41%増と前四半期の同39%増からやや加速しました。売上ガイダンスは、4-6月期が前年同期⽐30〜33%増、2021年12月期は従来⽐で約5%引き上げ、前年⽐29〜31%増です。2021年12月期の売上には、アップルによるデバイスIDの広告使⽤に関するポリシー変更からくるマイナスの影響を30百万ドル⾒込んでいます。

<特 徴>

2020年9月に新規上場した銘柄です。

世界で250万⼈のクリエーターが利⽤しており、これらクリエーターが作成したコンテンツは2020年1-9月期に月間50億回ダウンロードされた実績をもちます。クリエート・ソリューションは、ゲーム・エンジン・ソフトウェアをサブスクリプションで提供、オペレート・ソリューションは、ゲーム内の広告、課⾦アイテムの販売システムを提供しています。

同社のサービスは、世界のダウンロード数トップ1,000のモバイルゲーム、PCゲーム、コンソールゲームの総計に対して50%以上の制作に利⽤されています。

アンドロイド、iOS、PS4、Xbox One、ニンテンドー・スイッチ、ウィンドウズなど20以上のプラットフォームに対応していることが強みとなっています。

いまのところゲームが主な市場ですが、リアルタイム3Dコンテンツは⾃動⾞、建築、映画、⼩売などあらゆる産業で使われ始めています。年率30%以上の売上成⻑を⻑期に実現することが目標です。

みのりん
みのりん

みのりん的投資判断は「買い」となります。

高い増収率を示しており、事業内容も3Dコンテンツを動作させるのに必須のものを取扱いしており、今後も高い成長が見込まれるゲームなどのアミューズメント事業に利用されている強みがあります。

5Gの対応分野としても、今後も高い成長が見込まれます。

※投資は自己判断でお願いします。

2021/5/25

ユニティソフトウェアのHPのリンク

Unity Real-Time Development Platform | 3D, 2D VR & AR Engine

コメント

タイトルとURLをコピーしました