【おすすめ米国株】フレッシュペット(ティッカーシンボル:FRPT)

個別銘柄

 この銘柄のポイント

・ アメリカで無添加ペットフードを販売する会社である。

・ 当社のペットフードは、乾燥した固形物や加熱処理した缶詰ではなく、冷凍食品がメインという特徴がある。

・ 特にもフレッシュで安全性の高いフード(発がん性物質、人工成分、遺伝子組み換え食品を不使用)を提供している点で強みがある。

株価は順調に推移しているわね!

フレッシュペットの製品の需要は旺盛で、2022年半ばを目途に生産量を2倍以上に増やすため、新施設を建設しています。

【概 要】

当社は北米に分布する新鮮な冷蔵ペットフードの製造に従事する会社です。

犬用と猫用のペットフード及びペット用品の製造、マーケティング及び流通の分野で事業を行ています(犬用食品、猫用食品、犬用及び猫用医薬品を含む)。

新鮮な肉と、様々な野菜の組み合わせ、緑の葉の野菜と、抗酸化剤が豊富な果実が含まれ、防腐剤、添加物または人工成分が非使用という特徴があります。

すべての製品は「Freshpet」のブランド名で販売され、すべて米国で製造されています。

「Dognation」と「Dog Joy」のラベルの下で、すべてのクラスの小売店で新鮮なドックフードを提供しています。

【業 績】

決算期 売上高(百万$) 純利益(百万$) EPS($) 1株配当($) BPS($) ROE(%) 自己資本比率(%)
2019/12期 245 -1 -0.04 3.63 -1.05 55.5
2020/12期 318 -3 -0.08 9.68 -1.21 90.7
2021/12期(予想) 433 12 0.38 15.08

アメリカペット製品協会(APPA)はペット産業の総支出額についての調査を毎年行っており、2019年の報告では753億ドル(8兆2,000億円)になるとしている。内訳はペットフードが4割強と最も多く、獣医の支出、グッズや市販の医薬品・サプリメントと続いている。

<当社の特徴>

売上規模はそれほど大きくないが着実に拡大を続けている。

2021年12月期に黒字転換を予想している。

株価は上場より5年で10倍以上となっているが、市場規模からするとまだ上昇の余地はある。

みのりん
みのりん

みのりん的投資判断は「買い」となります。

米国においても、ペットに関する関心は当然ながら高く、フードに対し求めるものも高くなっています。

売上も着実伸びており、市場規模も大きいことから、まだまだ成長の余地があると感じます。

※投資は自己判断でお願いします。

2021/4/10

フレッシュペットのHPのリンクです

Freshpet Healthy Dog Food and Cat Food, Fresh from the Fridge

コメント

タイトルとURLをコピーしました