【おすすめ米国株】ウォルト・ディズニー(ティッカーシンボル:DIS)

個別銘柄

 この銘柄のポイント

・ テーマパーク再開、コロナ禍での動画サービスDisney+の会員増加、巣ごもり・コロナ終息後のハイブリットの材料がある。

・ 近年は、映画配給会社(20世紀FOX)の買収でコンテンツ強化している。

・ なんと言っても、Disneyという強力なブランドが今後も維持できる。

Disneyは、世界的なエンターテインメント企業ですよね。

安心して買えそう!!

Disneyと言えば、昔はアニメとディズニーランドのイメージでしたが、今は、スターウォーズなど、様々な有力コンテンツも持っていますね。

<部門別売上割合>

部門 売上割合
メディアネットワークス 40%
ダイレクト・トゥ-・コンシューマー&インターナショナル 24%
パークス、エクスペリアンス&コンシューマー・プロダクツ 23%
スタジオ・エンターテインメント 13%

コロナで業績悪化も株価回復基調

 新型コロナ拡大により世界中のディズニーパークが一時休園や入場制限に追い込まれました。

 テーマパーク部門の業績は悪化。8100万ドルの営業損失を計上

でもワクチンが開発されたから、最悪期は脱したとも考えられるわ!

ワクチン開発以降、株価回復基調にあり、コロナ終息を織り込み始めています。

そうなると、もう株価の上昇は見込めないのかしら?

金融緩和の影響によりアフターコロナ銘柄として、上昇してきましたが、もう一段階の上昇に関しては、パークの開園状況、Disney+の会員増加状況などがカギを握ると思われます。

動画サービス 加入者数
NETFLIX 19,515万人
Disney+ 7,370万人
HBO 5,700万人
Hulu 3,660万人
ESPN+ 1,030万人

時価総額上位の銘柄であり、ビジネスモデルからも、当面株価は安定するのではないかと考えられます。

<業績の推移>

決算期

売上高

(百万$)

純利益

(百万$)

EPS

($)

1株配当

($)

BPS

($)

ROE

(%)

自己資本比率

(%)

2019/9期

69,570 10,089 5.77 1.76 49.8 16.1 53.0

2020/9期

65,388 4,110 2.02 0.88 46.9 -3.3 48.4

2021/9期

(予想)

68,750 3,114 2.01 1.00 48.2 3.7

ウォルト・ディズニーのHPリンクです

ディズニー公式|Disney.jp

みのりん
みのりん

みのりん的投資判断は「買い」となります。

誰も知るエンターテインメント企業であり、今後も安定した経営が見込まれます。

コロナ後銘柄としても、投資しておく価値はあると思われます。

※投資は自己判断でお願いします。

2021/4/10

コメント

タイトルとURLをコピーしました