【米国株初心者必見!!】やっぱり日本株より米国株!! その魅力とは?

米国株初心者

これから米国株に挑戦しようと思っている方、その理由は何ですか?

全く投資の初心者が米国株に手を出すことはレアケースと思われます。

日本株で想定していたパフォーマンスを上げられず、結果、米国株に流れてきた方が多いのではないでしょうか?

みのりん(私)もその1人です。日本株を運用しながら、一方で米国株の高いパフォーマンスを横目で見ていました。

2018年くらいから、日本株の低いパフォーマンスに耐えられなくなり、徐々にポートフォリオを米国株にシフト。今では、リスク資産のほとんどを米国株で運用、高いパフォーマンスを得ています。

 この記事のポイント

・ 米国株の魅力は、「世界的企業」、「高いパフォーマンス」、「人口ピラミッド」等がある。

・ 日本株と同様に、米国株にも 「個別株」「投資信託」「ETF」等の投資手段がある。個人のリスク・リターンの取り方によって投資手段は異なるが、「個別株」においては、日本株と異なり値幅制限がないので注意すること。

米国株の魅力(世界的企業 高いパフォーマンス 人口増加の恩恵)

米国には私たちの生活に欠かせないサービスを提供している企業がありますね。

アップルのスマホ、最近だとズームのテレビ会議システムですよね。

例えば、アップルの株価は、私たちの実感のとおり、高い伸びを示しています。

こんな会社の株主になれるのが米国株の魅力ですよね。

何となく日本株の方が安心な気がするけど、どうなのかしら?

下のチャートのとおり、歴史的に米国株(DJI)日本株(NI225)より高いパフォーマンスをあげてます。

日本株に加えて、米国株を保有し、資産のリスク分散を行うのもいいですね。

歴史的に見て、米国株のパフォーマンスが高いのは分かったわ

今後はどうなるのかしら?

将来の市場規模の点から考えると、米国株のほうに分があると思われます。

人口ピラミッドは日本の若年層減少幅は大きく、米国の若年層の減少幅は比較的緩やかですね。

総務省統計局「世界の統計2020」

米国株の投資手段「個別株」「投資信託」「ETF」

米国株に興味が出てきたけど、どうやって投資しようかしら?

興味がある米国企業があるのなら、個別株を購入するのも1つですね。

高いリターンを狙える一方でリスクも高いので注意が必要です。

以前は高かった手数料も価格競争により安くなってきています。

リスクもあるのね。日本株のように投資信託もいいのかな・・・

米国株の投資信託で運用してもいいですね。

日本の証券会社の取り扱いしているものであれば、運用情報も手に入りやすいし、理解しやすいメリットがあります。

でも、米国株の投資信託は、もう十分高くなっているみたいだけど今後も上がるのかしら?

投資信託の運用している株式銘柄は、常に入れ替えを行っています。

構成銘柄の新陳代謝を図ることで上値を追うことができるようになっています。

ETFって最近聞くけど何なのかしら・・

米国のETFは、市場で売買している投資信託のようなものですね。

比較的単価で購入できるのと、市場が開いてる期間は、随時取引ができるメリットがあります。

VTI(バンガード トータルストックマーケットETF)なんかが有名ですね。

米国株(個別株)は値幅制限がないので注意!!

当然様々なリスクもあります。

例えば、日本株と違って、株価の1日の値幅制限(変動幅の制限)がないので、1日で半値近くの動きをすることもあるので要注意です。

下記のチャートは、「ラッキン・コーヒー」ですが、上場間もなく、粉飾会計により50ドル付近から4ドル近くまで下落しました。

せっかく興味がでてきたのに、少し怖いわ・・・

そうですね。 粉飾会計は稀なケースです。

米国市場だけでなく日本市場でも同じリスクはありますよね。

個別株投資にしても、複数銘柄に分散投資が基本ですね。

逆に、いい材料がでると、1日で大きく値上がりすることもあります。

無理のない範囲内で、興味ある株を少し買ってみようかしら。

投機ではなく、投資という観点で楽しみながら始めてみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました